ReviveOps on AWSAWS移行&運用サービス

コンセプト

ReviveOpsは、人員不足など様々な理由により継続危機に陥っている

システム運用(Operations) を 立て直す(Revive) サービスです。


サービスの特長

1.クラウド(AWS)の利点を生かしたサーバー環境構築

  • システムダウンしにくい冗長化構成への変更
  • ミドルウェア等の環境を最新版に更新
  • OSS活用でコストを抑制しながらのセキュリティ強化

2.継続開発と運用のPDCAを実現する環境整備

  • ソースコードのバージョン管理
  • 対応内容のチケットシステムへの記録と共有
  • 開発環境、テスト環境、ステージング環境、ビルドサーバー等の整備

3.独自アプリケーションのバグ修正、機能追加にも対応


サービスの特長

1.クラウド(AWS)の利点を生かしたサーバー環境構築

  • システムダウンしにくい冗長化構成への変更
  • ミドルウェア等の環境を最新版に更新
  • OSS活用でコストを抑制しながらのセキュリティ強化

2.継続開発と運用のPDCAを実現する環境整備

  • ソースコードのバージョン管理
  • 対応内容のチケットシステムへの記録と共有
  • 開発環境、テスト環境、ステージング環境、ビルドサーバー等の整備

3.独自アプリケーションのバグ修正、機能追加にも対応


利用シーン

このようなケースに最適です。

  • マンパワー不足でサーバーミドルウェアの更新すらできていない
  • クラウドに移行させて運用したいがノウハウがない
  • 自社製プログラムの修正も必要だが運用保守会社には引き受けてもらえない

サービス分類


1.初期構築


顧客の要望

  • システムの仕様を把握したい(いっしょにしてほしい)
  • クラウドに移行したい(本音は動くならもうオンプレにこだわらない)
  • 最新のOS、ミドルウェアで動くようにしてほしい
  • 追加してほしい機能がある

提供するサービス

  • アプリケーションの分析と仕様把握
  • アプリケーション含む動作テスト
  • 障害を予防するシステム構成の設計
  • AWSでのインフラ構築(運用のための環境も含む)
  • データの移行

2.運用


顧客の要望

  • 正常に稼働させてほしい(動作、セキュリティ両面で)
  • 障害を予防してほしい
  • コスト最適化してほしい

提供するサービス

  • 顧客ごとのクラウドサーバー環境(Dockerクラスタ)の提供(基盤は共用)
  • システムリソースの監視(動作、状態)
  • システムリソース割当・配分の変更(サーバー追加・削除含む)
  • セキュリティ(FW、IDS、アンチウイルス)のプロファイル更新、ポリシーの変更
  • データバックアップ設定・管理
  • 異常状態からの自動回復(自動再起動等)

3.保守


顧客の要望

  • 障害発生になるべく早く気付いて速やかに復旧してほしい

提供するサービス

  • 障害時の原因切り分け(再起動、再構築、データ復旧):運用
  • 原因となったプログラムの修正、リリース
  • OS・ミドルウェアパッチの適用(適用判断含む)

4.サポート


顧客の要望

  • システムの仕様を把握しておいてほしい
  • 知りたいことを調べてほしい

提供するサービス

  • アプリケーション含むシステム全体の仕様書の整備及び情報提供

対応環境・言語

対応可能 OS・ミドルウェア

Linux、各種OSS DB、Node.js、Redis、Kafka および各種OSS BigData向けミドルウェア 

※Windows系も応談可

対応可能言語

JavaScirptC#JavaPHPPythonScala、他ご相談


実施手順

  1. 秘密保持契約締結
  2. 事前ヒヤリング・資料・ソースコード確認
  3. 対応方針提案・費用見積提示
  4. 契約締結
  5. システム評価・技術調査(ソースコード、稼働サーバ現物対象)
  6. 新システム構成設計
  7. 新システム構築実施(各種テスト含む)
  8. 発注者受け入れテスト
  9. データ・運用移行実施

料金例

非冗長化のLAMP環境システム(レンタルサーバーなどで運用)をAWSへ移行し冗長化構成に再構成して運用保守

  • 初期費用 80万円~
  • 運用保守 20万円/月~

サービス導入実績

  • 一般社団法人ウェブ解析士協会 様
  • 株式会社マーケティングアプリケーションズ 様