OSS Ops on AWSOSS設置&運用サービス

コンセプト

オープンソースソフトウェア(OSS)を活用したいが、独力での運用管理が困難だというユーザー様にクラウド上での利用環境を提供するサービスです。

サービスの特長

1.クラウド(AWS)の利点を生かしたサーバー環境構築

  • システムダウンしにくい冗長化構成への変更
  • ミドルウェア等の環境を最新版に更新
  • OSS活用でコストを抑制しながらのセキュリティ強化

2.継続開発と運用のPDCAを実現する環境整備

  • ソースコードのバージョン管理
  • 対応内容のチケットシステムへの記録と共有
  • 開発環境、テスト環境、ステージング環境、ビルドサーバー等の整備

3.独自アプリケーションのバグ修正、機能追加にも対応

利用シーン

このようなケースに最適です。

  • 初期投資が少なくて済むのは魅力だが自社では構築管理ができない
  • 自社のシステムと連携したりカスタマイズを行いたい

サービス分類

1.初期構築


顧客の要望

  • OSSの仕様を把握したい(いっしょにしてほしい)
  • 本格導入する前に試してみたい
  • 実務に利用できる信頼性のあるシステムを構築したい
  • 追加してほしい機能がある

提供するサービス

  • OSSの分析と仕様把握
  • 業務適合評価するための試用環境の構築
  • アプリケーション含む動作テスト
  • 障害を予防するシステム構成の設計
  • AWSでのインフラ構築(運用のための環境も含む)

2.運用


顧客の要望

  • 正常に稼働させてほしい(動作、セキュリティ両面で)
  • 障害を予防してほしい
  • コスト最適化してほしい

提供するサービス

  • 顧客ごとのクラウドサーバー環境(Dockerクラスタ)の提供(基盤は共用)
  • システムリソースの監視(動作、状態)
  • システムリソース割当・配分の変更(サーバー追加・削除含む)
  • セキュリティ(FW、IDS、アンチウイルス)のプロファイル更新、ポリシーの変更
  • データバックアップ設定・管理
  • 異常状態からの自動回復(自動再起動等)

3.保守


顧客の要望

  • 障害発生になるべく早く気付いて速やかに復旧してほしい

提供するサービス

  • 障害時の原因切り分け(再起動、再構築、データ復旧):運用
  • 原因となったプログラムの修正、リリース
  • OS・ミドルウェアパッチの適用(適用判断含む)

4.サポート


顧客の要望

  • システムの仕様を把握しておいてほしい
  • 知りたいことを調べてほしい

提供するサービス

  • アプリケーション含むシステム全体の仕様書の整備及び情報提供

対応アプリケーションリスト

CMS – WordPress

Chat – Rocket.Chat、Live Helper Chat

SNS – OpenPNE、Mastdon

EC – EC Cube

BI - pentaho

Web解析 – Piwik

MA – mautic

E-Learing – moodle 

AD – Revive Adserver

実施手順

  1. 秘密保持契約締結
  2. 事前ヒヤリング
  3. 対応方針提案・費用見積提示
  4. 試用環境の構築
  5. 業務適合評価
  6. システム構成設計
  7. システム構築実施(各種テスト含む)
  8. 発注者受け入れテスト
  9. 本番稼働

料金例

WordPressを冗長化した環境を構築

  • 初期費用 40万円~
  • 運用保守 10万円/月~